株式会社G.D.S ジー・ディー・エス
title

ここ研とは?

「心地よさの追求」ってどんなこと?心地よさ研究所、略してここ研は、G.D.S の経営理念である「心地よさ」を再発見する研究所。働き方、そして成長というマジメな話を、ちょっとヒマジメに伝えていくよ。
うちは「ここ犬」。
ぶちかわいいココ?
kokoken
1

オフを楽しむコツは、
オンを充実させるに限る!

Vol.2 メディア事業部 松下大祐 × 人財開発室 萩田江美子さん
kokoken
突然だけど、はたらく企業戦士のみんな!キミたちの趣味は何だココ?その趣味、ちゃんと楽しめてるココ?今回は、GDSの中でも趣味充実型の新人・松下くんと、萩田姐さんの対談を研究したココ~。みんなもしっかり休める極意が見つかるといいココ!
kobayashi 松下くん
GDS初のスカウト採用で彗星のごとく現れた期待の新人。趣味はニコ生での実況で、ファンも沢山いるそう。そのメガネの奥には夢への野望が光る。
ayana えみねぇ
社員みんなの頼れるアネゴ的存在。人を「材」ではなく、「財」として細やかにフォローする人財開発室担当。社員全員との面談、学生への企業説明会など、日々人と人を繋ぐため奔走中!


直感的に魅力を感じて入社、
半年にして自らの成長を強く実感!

松下くん、入社して半年くらい経つけど、元々スカウト経由でうちに来てくれたんだよね。今回は趣味の話も聞きたいんだけど、その前に、入社前と入社後の気持ちの変化について聞いてもいいかな?期待して入ったけど、風土を肌で感じたらテンション下がったりとか…(笑)
ayana えみねぇ
kobayashi 松下くん
いやいや、感謝しかないですよ!半年前の自分からは想像できないくらい成長できて、自分で自分をスゲェーって思います。
スカウトでの入社だと、うちの情報が先に松下くんにいって、興味があるようだったら面接…という流れだったけど、どんなところに興味を持ってくれたのかな?
ayana えみねぇ
kobayashi 松下くん
僕はもともとゲームやアニメが好きで、何らかの形でメディア関係の仕事をしたいっていうのはあって。じつは前職も遠からずな業界にいたんですが、谷野社長の動画を見て、話を聞いて引き込まれました。直感的に、今までの会社とは違う!って思いましたね。
2-1
どんなところが違う、と思ったの?
ayana えみねぇ
kobayashi 松下くん
まず、驚いたのが社長と食事をした姫物語のスタッフさんの働きぶりです。普通、どうしてもアルバイトとかだと、「やらされてる感」が出ちゃうと思うんですが、それがまったくなかった。自ら進んでスタッフさんがコミュニケーションを取りにいってる、自主性を感じました。上の人間から下の人間にいくにつれ、情熱は薄れていくものだと思っていましたが、この会社は、社長の情熱が、ホールのスタッフさんにまでしっかり伝わってると思いました。
なるほど。どうして情熱が保たれてるのだと思う?
ayana えみねぇ
kobayashi 松下くん
たぶん、この会社は、働く者の人間性をそのまま評価してくれるから、やらされてる感がないんだと思います。今まで何社か転職してきた会社は、叩き、叩かれる世界。一生懸命やって本人が出した100の価値を、会社が10で買うような世界でした。でも、ここは100なら100で、成長すればその分評価してくれるから、やる気が保たれるんだと思います。



入社時点でそこまで感じてくれてたんだね。入社して、仕事が始まってからはどうかな?チームでの雰囲気や、初めて契約を取ったときの気持ちは?
ayana えみねぇ
  • 社員のストレスを減らすためにしていること


株式会社G.D.S ジー・ディー・エス
ページトップ